研修制度

TOKYO BIG HOUSEでは各種研修制度を用意しています。「挑戦しよう」と採用では掲げていますが、無謀な挑戦者は求めていません。しっかりとした準備をしたうえで、目的を持ち果敢な挑戦者であるためには、土台となる考え方やスキルが必須となります。
入社後すぐのビジョン研修から始まり、役職者研修や職種別研修を通してリーダーシップや深い業務スキルを身につけることができます。動画教材やWEBテストも豊富で、学びたい人はとことんスキル向上にこだわれる環境です。TOKYO BIG HOUSEは未経験からプロを目指せる環境を整えています。

内定者研修【BIG】

大きな人間性と、大きなスキル

内定者研修【BIG(ビッグ)】は、TOKYO BIG HOUSEの行動指針にある「人間性の向上」を高めるためのHumanityと、早期に活躍し成果を出すためのSkillの2つのアプローチから構成されています。

宿泊研修(2ー3回程度)、1Day研修(オンライン実施もあり)を実施。採用活動を人事と一緒に推し進めるプロジェクトなどを通して、TOKYO BIG HOUSEのスタッフらしい考え方、行動を学び入社に備えます。
また入社後のギャップを防ぐため、入社前の早い段階で営業インターンシップを実施します。

採用基準で最も大事にしている「主体性」を重んじ、一人一人がチームの責任者であるという考え方をベースとした研修内容です研修後には自分で考え自分で行動できる人材へと成長します。 

「宅地建物取引士」
取得支援制度

「宅地建物取引士」取得支援
※TOKYO BIG HOUSE新入社員は、入社前の取得を必須としています。
SNSを用いた勉強支援や、オンライン講習、オンライン上の質問スペースの用意など、合格への支援は惜しみません。
試験合格後の免許取得に必要な費用は会社負担となる制度があります。

社員と繋がる機会
飲み会・イベント

入社前は誰でも「この会社で大丈夫かな?」と不安になるものです。
そんな不安を抱えたまま入社してしまわないよう、TOKYO BIG HOUSEでは価値観のすり合わせの場を多く用意しています。
TOKYO BIG HOUSEの多用な社員に触れ、自分が一緒にやりたいと思えるかどうか、ぜひ見極めてください。