TOKYO BIG HOUSE
カルチャー

  • スタート会

    月初のキックオフ会。事業成績の共有や表彰があり、代表からのメッセージが話される。基本はオンライン実施、3ヶ月に1度オフライン実施している。

  • シェア

    想いの共有を大切にしている。「どんな想いで働く人なのか?」を知ることで、互いに関わり合いが生まれ、結果的に業務の生産性が上がると考える。

  • 社長メシ

    全スタッフが自由に参加できる、社長開催のご飯会。コロナ禍で気軽にオフィスで話す機会が減った為、スタッフのリアルな声を集める機会になっている。

  • BIG ONE合宿

    内定者も参加し、社員との仲を深める。水鉄砲大会、運動会やキャンプ場での鬼ごっこ実施など。いつも全力なスタッフが、更に勢いづいて盛り上がる。

  • ブラザー
    シスター制度

    2人1組他部署の先輩後輩同士で週に1回話をする制度。仕事やその他何でも話し「斜めの関係」を深める。相談しやすい関係性でチーム力が向上する。

  • ウェルカム
    ランチ制度

    新入社員とのランチ会。ランチ代は会社が負担。入社後、配属部署とのコミュニケーションを増やす機会をつくり、早期の活躍をつくりだす。

  • TOKYO BIG
    HOUSE アワード

    期初総会で行われる社内投票の表彰制度。日頃頑張っている人に感謝と激励を伝える場。生産性賞やイノベート賞など数字だけでは測れない成果を讃える。

  • 1on1

           

    上司と月1で行う1対1のミーティング。四半期の目標をもとに、毎月振り返りを行い、今後の具体的な行動を設定する。日頃のPDCAを見つめ直せる機会。

  • キャリア面談

           

    自分自身のキャリアイメージやワークスタイルを人事に相談できる面談。現在できることや得たい能力などから今後のキャリアを人事と考えていきます。

  • 社内FA制度

    スタッフ自身が異動希望を出すことができる制度。過去の業務実績の基準はあるが、活躍の場を広げ、不動産の幅広い知識を身につける機会となっている。

  • 資格取得支援(宅建)

    宅地建物取引士の資格取得を推奨。社内でのテキスト・ビデオ教材の提供、SNSでの勉強支援。新卒は内定者のうちから勉強をフォロー。

  • 短時間正社員制度

    産休中や、子育てをしながら勤務ができる制度。現在はおよそグループ全体の30%以上が子供のいるスタッフ。最も短い勤務時間設定では11~16時。

  • ドラゴンボール休暇

    入社10年を迎えたスタッフが休暇取得できる制度。普段できないことへの挑戦や、家族への感謝の機会、自分を磨く学習の機会に。(10日間~最長1カ月)

  • 近隣転居手当

    新規店舗出店や活動エリア・拠点展開に伴い、現状の住居では通勤が不便なスタッフに対して、転居を後押しする目的で支給される手当。

社員が語る
TOKYO BIG HOUSE