販売営業

2021年度新卒入社

宮内 健吾 MIYAUCHI KENGO

悩みや迷いが生じたときは、原点に立ち返る

就活中は、営業職に絞って就活をしていました。
衣食住の部分で「驚きや感動を与えられる仕事」と考えた時、自然と不動産会社が視野に入っていました。入社の決め手はTOKYO BIG HOUSEがこれから成長をしていく段階だった、というところです。

大学時代、私は大手コーヒーチェーン店でアルバイトをしていました。創意工夫をしながら店舗全体の売り上げをチームでつくることも楽しかったですし、接客を通して、話し方や話す内容を変えることでお客様の行動が変わっていくことも、非常にやりがいを感じていました。インセンティブがあるわけではなかったですが、日々の積み重ねが自分の成長に確実につながっていたと思います。

同じような体験を社会人になってからもしたいと考えた時に、「営業職」かつ、成長段階で「自分で会社をつくっていける」会社を選ぼうと思い、TOKYO BIG HOUSEと出会って入社を決めました。

営業職をやっていて一番大変なことは、“結果が出ないときのモチベーションコントロール”です。失敗が続くと自信を無くし、自分がなりたい姿を忘れそうになります。

一年目の間にそういう時期が10回以上はあったんじゃないかなと思います。そんな時に僕が意識していたことは、決してそのモヤモヤしている思いや考えを自分の中で留めておかないこと。なぜ今うまくいかないのかを、自分なりに分析し、それを同僚や先輩に聞いてもらうようにしています。
誰かに助けを求めることは恥ずかしいことではないと思っています。より高い成果を上げるために、自分の視野が狭くなっていることのほうが問題なので、誰かに自分の考えや気持ちを聞いてもらうこと、意見をもらうことは、自分の成長をつくる大切な過程だと思っています。

そして改めて、自分は何がしたかったのか?どんな社会人になりたかのか?と自分に問いかけ、原点に立ち返ることができた時、成果が上がりはじめます。初契約の時は本当に嬉しかったですね。

今「主任」という役職を任せてもらていますが、まだまだ通過点だと感じています。

今後はチームを持ち、自身の影響力をさらに強めて、「こんな人生があるとは思わなかった!」とたくさんのお客様に感じてもらえるように仕事をしていきます!