お知らせ

健康経営優良法人2023(中小規模法人部門【ブライト500】)に3年連続認定

健康経営優良法人2023(中小規模法人部門【ブライト500】)に3年連続認定

TOKYO BIG HOUSE株式会社は、経済産業省より2023年3月8日(水)付で、健康経営優良法人2023(中小規模法人部門【ブライト500】)に認定されました。
今年で3年連続の認定となります。

■TOKYO BIG HOUSE株式会社の取り組み
ブライト500は、最低2年半以上、継続的にメンタル・フィジカル両面で体制を整備し、従業員の健康と働きやすさに留意した施策を行い続けている企業として、経済産業省より認定を受けた企業に与えられる証です。
今回の認定にあたっては、ストレスチェックの結果による組織改善や、衛生委員会の設置による職場の安全、従業員の心身の健康の維持、職場環境の改善に加え、昨年度からの継続施策についても評価をいただきました。


<継続施策>
・不動産売買取引におけるIT重説(非対面による重要事項説明)推進
コロナが落ち着いた今でも、不動産取引の非対面化による顧客満足度の向上を意図し、IT重説を継続して推進しています。 
弊社は、コロナ時に緊急事態宣言となった直後に個人顧客を含むすべての不動産取引をIT重説による非対面取引へと移行しました。(IT重説を開始した2021年1月時点では、国内で登録社数は59社のみでした。)

・全社員の健康診断の受診徹底および女性社員の婦人科系診断補助

全社員を対象に、毎年1回健康診断の無料受診を徹底している他、女性社員を対象に、婦人科系診断について補助を出すなど、社員の定期的な健康チェックを推進しています。定期検診の受診率は100%です。

・PCR検査キッドを社内常備し無料利用化
体調不良を訴える社員を対象に、社内に常備しているPCR検査キッドを無料利用可としています。社内で発熱や体調不良が分かった時点で、検査キッドを持ち帰り自宅待機とすることで、社内外、顧客との接触における感染拡大防止を徹底しています。

・社内の全面禁煙を推進
社員の健康に留意し、社内・勤務中における全面禁煙を継続的に実施しています。新入社員に対しては、面接時より禁煙の趣旨を伝え、同意いただける候補者を優先的に採用するなど、健康経営を志す企業としての姿勢を徹底しています。

・ストレスチェックの実施

50人未満の事業場では必須ではないストレスチェックを年1回実施し、社員のメンタルヘルスケアをしています。 

・有給取得向上施策
▶︎有給奨励日を年10日設け、自主的に取りにくい環境を改善。 
▶︎有給消化状況を月1回各所属長に人事より発信し、有給取得がないスタッフの取得を促しています。 

労働時間の短縮施策 
▶︎販売営業部において、出勤時間を12時~に変更。業務の性質上、帰宅時間が遅くなることが常習化していたが、出勤時間の変更で残業を軽減しました。
▶︎各ユニットごとに勤務時間を変更、設定してもよい制度とし、業務の性質に合わせた勤務時間設定が可能とすることで、無駄な残業がない生産性の高い組織としています。  

・社内コミュニケーション促進策の実施
▶︎新入社員には1年間、メンター制度を導入し相談しやすい環境を整えています。 
▶︎社内イベントの実施(月1回実施し、他部署とのコミュニケーションも積極的に促しています。)  

職場での運動機会を提供する
▶︎部活動の実施(部活実施補助金を付与) バスケット、フットサルなどを実施し、運動の機会を提供しています。


■TOKYO BIG HOUSE株式会社について
健康経営にまつわる各種取り組みは、社員およびその家族へのケア・心理的安全の確保に注力し、「安心して働ける環境」を提供すること、コロナ禍にあっても、お客様に今まで以上に「安心して住まいを選べる環境」を提供することを目的としています。
TOKYO BIG HOUSEは今後もさまざまな健康増進施策および就労環境整備に取り組み、社員に安心して働ける場所を提供し、豊かで健全な社会を実現してまいります。
 
<参考資料>
・賃貸取引に係るIT重説の本格運用の開始について
https://www.zennichi.or.jp/wp-content/uploads/2017/09/3dcba9b062ac852c6d3584240418bb41.pdf
・売買取引におけるIT重説に係る社会実験の継続・電子書面交付に係る継続社会実験の開始
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001359173.pdf


■ブライト500とは
健康経営優良法人2023(中小規模法人部門)の中から、「健康経営優良法人の中でも優れた企業」かつ「地域において、健康経営の発信を行っている企業」として優良な上位500法人に対して、新たに「ブライト500」の冠を付加して表彰します。
※正式名称:健康経営優良法人2023(中小規模法人部門(ブライト500))

申請書における「健康経営の取り組みに関する地域への発信状況」と「健康経営の評価項目における適合項目数」を評価し、上位500法人を算出します。(経済産業省HPより)

 

TOKYO BIG HOUSEは今後もさまざまな健康増進施策および就労環境整備に取り組み、社員に安心して働ける場所を提供し、豊かで健全な社会を実現してまいります。

 

この記事をシェア