Sustainability 持続可能な社会に向けて 

TOKYO BIG HOUSEの
SDGsへの取り組みについて

TOKYO BIG HOUSEでは、サステナブルな社会の実現に向けて、人権の尊重や環境負荷の低減などの重点領域を定め各種の取り組みを進めています。SDGsについても、偏りなく多種多様なNGOを支援する活動を通して推進しています。

「ミライのアスリートを応援する相互支援プロジェクト」
AthTAG 公式アンバサダー野村忠宏さんを応援しています

AthTAG(アスタッグ)プロジェクトとは

歴史に名を残してきたレジェンドアスリートとそれを応援したい企業が手を取り合い、ミライのアスリートを育て、互いにサポートし合う『相互支援型の社会貢献活動』です。 参画企業は若いアスリートが未来へ羽ばたくためのサポートを「支援金」という形で行い、そのリターンとして、レジェンドアスリートの肖像権を提供し参画企業を応援します。レジェンドアスリートと企業が手を取り合い、相互に支え合うことで未来のアスリートを育てることができる、サステイナブルな取り組みです。

「ミライのアスリートを応援する相互支援プロジェクト」

AthTAG 公式アンバサダー
野村忠宏さんを応援しています

AthTAG(アスタッグ)プロジェクトとは

歴史に名を残してきたレジェンドアスリートとそれを応援したい企業が手を取り合い、ミライのアスリートを育て、互いにサポートし合う『相互支援型の社会貢献活動』です。 参画企業は若いアスリートが未来へ羽ばたくためのサポートを「支援金」という形で行い、そのリターンとして、レジェンドアスリートの肖像権を提供し参画企業を応援します。レジェンドアスリートと企業が手を取り合い、相互に支え合うことで未来のアスリートを育てることができる、サステイナブルな取り組みです。

野村忠宏 PROFILE
柔道家。1974年奈良県生まれ。 1996年アトランタオリンピック、2000年シドニーオリンピックで2連覇を達成。2年のブランクを経てアテネオリンピック代表権を獲得し、2004年アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成する。 2013年に弘前大学大学院で医学博士号を取得。

 📖 著書
 『戦う理由』(学研マーケティング)
 『折れない心 (学研新書)』(学習研究社)

GENKIDAMA AWARD2023に参画いたしました

日本初、アスリートと企業の相互支援型社会貢献活動「AthTAG(アスタッグ)」の第1回大賞を競うピッチコンテスト「AthTAG GENKIDAMA AWARD 2023」に参画企業として参加いたしました。世界を目指す“ミライアスリート”に投票をさせていただきました。

「GENKIDAMA AWARD2023」に参画いたしました

日本初、アスリートと企業の相互支援型社会貢献活動「AthTAG(アスタッグ)」の第1回大賞を競うピッチコンテスト「AthTAG GENKIDAMA AWARD 2023」に参画企業として参加いたしました。世界を目指す“ミライアスリート”に投票をさせていただきました。

SDGsアクション

大阪万博“TASUKI”リレー「ダイバーシティ駅伝47」への協賛

大阪で開催予定の2025年日本国際博覧会(略称:大阪・関西万博)の中で実施される“TASUKI”リレー「ダイバーシティ駅伝47」。
「多様性が認められる社会の実現」をコンセプトに実施される全国47都道府県をつなぐ駅伝です。障がい者も、国籍も、人種も、性別も関係なくすべての人たちが共に分かち合い心豊かに暮らせるニッポンをつくる。という主旨に賛同し、協賛しました。

発展途上国の教育支援「maaaru」への寄付

日本寄付財団が主催する『教育ネットワークの構築を目指すプロジェクト「maaaru」』への寄付をいたしました。国境や地域の差が子どもたちの教育機会の境目にならないようにという想いに共感し、活動を支援しています。

『海士町ならではの「活力あるしごと」を生み出すプロジェクト』への協賛

島根県隠岐郡海士町で発足した、「海士町ならではの「活力あるしごと」を生み出すプロジェクト」に協賛しています。
地域にあるものを活かした仕事や仕組みを創出し、地域創生を推進する取り組みです。若者が生き生きと働く環境をつくり地域を元気にするという活動に賛同し、利益の一部を活動支援のために寄付しています。